スタッフブログ

  • 酒盗パワーとは?

    STAFF:吉田修平2018.06.28 21:25

    いよいよ酒盗パワー配合のワームが発売されました。そこで、改めて酒盗とは何ぞやということを説明させていただきます。

    酒盗とは?
    自然界の掟、弱肉強食。魚達は内臓部に栄養素が多く含まれていることを知っています。酒盗(しゅとう)は原料である魚ホルモン(カツオ・マグロの胃や腸)に元々含まれる酵素により、長期に及ぶ塩蔵熟成で魚ホルモンそのものを自然発酵させて作ります。それが、今流行りの【第5巻の味覚うま味】です。酒盗製造メーカーならではの独自製法により、魚の内臓から旨味成分(アミノ酸)を抽出。他社には絶対真似出来ない独自の技術により熟成・発酵。さらに魚を興奮させる作用を持つ【Lアルギニン酸】を加え、より成分を濃縮させました。

    旨味成分+アミノ酸+Lアルギニン酸=酒盗POWER!!

    よって、釣れないわけがないんです。
    ぜひ、圧倒的釣果を体感してみてください。

  • 吉田修平
    吉田修平
    Yoshida

    ザクトクラフト代表
    ルアー開発とテストで全国を飛び回る40代。

  • 野呂昌明
    野呂昌明
    Noro

    ソルトで有名ながら実は凄腕ナマズアングラーでもある昌明氏。ナマズフィッシングでザクトクラフトに協力

  • 尾籠政広
    尾籠政広
    Ogomori

    相模湾を中心としたオフショアアングラー。彼の作るハンドメイドルアーの威力は絶大。

  • 黒沢幸男
    黒沢幸男
    Kurosawa

    長年にわたりバス釣りを愛し1975年からは「月刊フィッシング」に寄稿を始める。
    十数年前は津久井湖でビッグバドの流行を牽引し、最近では自身のデザインする
    トップウォータープラグが注目され各誌のトップ特集に紹介されています。
    http://top-water.com

  • 小幡伸一
    小幡伸一
    Obata

    地元宮城県で活躍する鯰アングラー。常に新しいチューニングを探求しビッグ
    フィッシュを追い求めている。2015年釣りニュースの鯰特集で活躍して以来
    ザクトクラフト鯰テスターとし活躍中。

  • 木村 淳史
    木村 淳史
    kimura

    エリアを中心に活躍するアングラー。2016年ザクトクラフトビッグフィッシュチャレンジの覇者。セニョールトルネードやバスボールの使い手です。新製品の開発にも率先して加わり現在進行中です。現在、新たな釣りにも挑戦中。

  • 分部拓也
    分部拓也
    Takuya

    バスオブジャパンに18年参戦中。7回の優勝とクラッシックにも多数出場。2011年にはB.A.S.Sネーションチャンピオンシップに日本代表でボーターとして出場。

  • 分部祐也
    分部祐也
    Yuya

    バスオブジャパンに参戦中。2013年には兄弟そろって1,2フィニッシュを成し遂げる。
    また、2016年にはB.A.S.Sネーションチャンピオンシップの日本代表としてノンボーターで出場。