スタッフ紹介

  • 吉田修平
    吉田修平
    Yoshida

    ザクトクラフト代表。
    シーバスアングラーとしてスタートしメバル、アオリイカ、シイラ、ナマズ、トラウトとあらゆる魚種にチャレンジし続けている。
    ルアーの開発はもちろんプロダクターとして活躍中。

  • 野呂昌明
    野呂昌明
    Noro

    アオリイカ、メバル、シーバスとソルトを中心に活躍中のアングラー。
    あまり表には出していなかったナマズの分野でザクトクラフトの宣伝塔に抜擢。地元だけではなく遠征もしながら各地のナマズを攻略。

  • 尾籠政広
    尾籠政広
    Ogomori

    以前はバスプロとして活躍。現在相模湾を中心に青物やマグロを狙って日々開発に精を出している。
    現在もハンドメイドのルアーを制作しつつ、ザクトクラフトと量産モデルを展開している。

  • 黒沢幸男
    黒沢幸男
    Kurosawa

    長年にわたりバス釣りを愛し1975年からは「月刊フィッシング」に寄稿を始める。
    十数年前は津久井湖でビッグバドの流行を牽引し、最近では自身のデザインする
    トップウォータープラグが注目され各誌のトップ特集に紹介されています。
    http://top-water.com

  • 小幡伸一
    小幡伸一
    Obata

    地元宮城県で活躍する鯰アングラー。常に新しいチューニングを探求しビッグ
    フィッシュを追い求めている。2015年釣りニュースの鯰特集で活躍して以来
    ザクトクラフト鯰テスターとし活躍中。